中国籍の男が初公判で無罪主張 東京地裁、靖国神社に墨汁

▼記事によると…

・靖国神社(東京都千代田区)に飾られた天幕に墨汁をかけたとして、建造物侵入と器物損壊の罪に問われた中国籍の自称作家、胡大平被告(54)の初公判が20日、東京地裁(石田寿一裁判長)で開かれ、被告は「無罪です」と訴えた。弁護側も「靖国神社への抗議が目的で、憲法が保障する表現行為だ」と主張。

・起訴状によると、被告は8月19日午後、神社に侵入して拝殿にある白色の天幕に墨汁をかけたとされる。検察側は冒頭陳述で、第2次世界大戦のA級戦犯として処刑された東条英機元首相らが合祀されている靖国神社に抗議する目的で来日したと指摘。壁や柱に抗議文を書こうとしたと述べた。

2019/11/20 11:25 (JST)
https://this.kiji.is/569708932491838561?c=39546741839462401

靖国神社


靖国神社は、東京都千代田区九段北にある神社である。幕末から明治維新にかけて功のあった志士に始まり、嘉永6年(1853年)のペリー来航(いわゆる「黒船来航」)以降の日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」として祀り、その柱数(柱(はしら)は神を数える単位)は2004年(平成16年)10月17日現在で計246万6532柱にも及ぶ。
創建: 明治2年(1869年)
靖国神社 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

何が無罪主張やねんア○か!💢

表現の自由で器物破損していいわけないだろう!!

これで無罪になったら、大概のことは表現の自由で逃げ切れるな🤔

まあ無罪を弁護側が主張するならこうだわな

わざわざ嫌いな国に時間と金をかけて嫌がらせしにくる発想がよくわからん

これからは入国審査を厳しくすべき。

これを表現の自由として無罪にされたら、神社はどうすればいいの?(#^ω^)

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事