「香港人権法案」米上院が可決 中国に圧力

▼記事によると…

・米上院は20日、中国が香港の高度な自治を認めた「一国二制度」を守っているかどうかの検証を米政府に毎年求める「香港人権・民主主義法案」を可決。

・一国二制度をないがしろにするかのような振る舞いを続ける中国の習近平体制に圧力をかける狙い。

・成立にはトランプ大統領の署名が必要。

2019.11.20 08:52
https://www.sankei.com/world/news/191120/wor1911200011-n1.html

香港


香港は中国南東部にある特別行政区で、かつてはイギリス植民地でした。活気に満ちた人口密度の高いこの都市は、主要な港としてだけでなく、超高層ビルが林立する世界的な金融都市としても知られています。商業地区である中環(セントラル)エリアには、イオ・ミン・ペイが設計した中国銀行タワーをはじめとする代表的な建物が立ち並んでいます。香港は、オーダーメイドの仕立屋や、テンプル ストリート ナイト マーケットなどのショッピング スポットでも有名です。
人口: 739.2万 (2017年)
香港 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

米国の懸命な判断。一時は可決も危ぶまれたが

日本の国会でも非難決議案をお願いします。内政干渉と言われても、非道な行いには反対の意思を示せないの?

総理が靖国参拝して、意思表示すれば良い🙆

果たしてトランプ大統領は署名するのか。暴徒たちの起こした事実関係をもとに考えれば普通は署名しないが、署名して今後のディール用カードとしてストックしておくという考えもあるのかもしれない。

米中関係、もっと荒れますな。

やっとか。もっと早く着手していたら亡くなった学生さんもいなかっただろうに。遅すぎる。

トランプさん早く調印して!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認