今年度税収見通し62兆円、下回る可能性十分にある=麻生財務相

▼記事によると…

・麻生太郎財務相は19日の閣議後会見で、2019年度の税収見通しについて、当初計画の62.5兆円を「下回る可能性が十分にあり得る」と述べた。ただ、どの程度下振れるかまだ分からないとし、赤字国債の増発など具体的な対応には言及しなかった。

19年度補正予算案の規模を巡り、二階俊博自民党幹事長が「10兆円を下らないものが必要だ」と発言したことについて、麻生財務相は「今の段階では何とも言えない」と述べた。

2019年11月19日/12:41
https://jp.reuters.com/article/aso-tax-revenue-idJPKBN1XT0DF

麻生太郎 プロフィール


麻生 太郎は、日本の政治家、実業家である。自由民主党所属の衆議院議員、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、デフレ脱却担当、志公会会長、自民党たばこ議員連盟顧問である。
生年月日: 1940年9月20日 (年齢 79歳)
麻生太郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

政策が継続された結果がこれか

更なる増税の前振り

だから終わる言うてるやん、消費が全く伸びなくなるんだから。

安倍政権が長引いてるせいでやばい政策が継続・連投してるんだよっっっ

仮に前年度の税収下回るようなことが来年も続くようなら消費税下げればいいだけの話

麻生さん自体が増税後のその年と次の年落ち込むって言ってたような。

消費税が上がる前に皆買い物したから

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事