慰安婦証言を最初に報じた元朝日新聞記者 韓国でジャーナリズム賞受賞

▼記事によると…

・韓国・李泳禧(リ・ヨンヒ)財団の李泳禧賞審査委員会は18日、今年の第7回李泳禧賞受賞者に元朝日新聞記者で、韓国・カトリック大兼任教授の植村隆氏が選ばれたと発表した。

・同賞は真実の追求に努めたメディア関係者などに授与されるもので、植村氏は旧日本軍の慰安婦被害者である金学順(キム・ハクスン)さん(1997年死去)の証言を確保し、91年8月11日付の朝日新聞で記事にした。

この記事の3日後に金さんの記者会見が行われ、慰安婦問題に対する日本政府の謝罪と賠償を要求する国内外の運動につながった。

これに対し日本政府は植村氏の転職を妨害するなど、植村氏とその家族に圧力を加えた。

・受賞者には賞牌(しょうはい)と賞金1000万ウォン(約93万円)が贈られる。

2019.11.18 19:00
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191118001800882

植村隆 プロフィール


植村 隆は、ジャーナリスト。 株式会社金曜日代表取締役社長、 韓国のカトリック大学校招聘教授。朝日新聞社記者、北星学園大学の非常勤講師を歴任。 朝日新聞記者時代に書いた韓国人元慰安婦金学順の証言に関する2件の記事が問題となった。 8月11日の記事は「慰安婦」と「挺身隊」を混同しているとして後日訂正された。
生年月日: 1958年4月 (年齢 61歳)
植村隆 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

アホらしくてコメントなし。

嘘を事実と誤認させる手法w もしくは「嘘も100回言えば真実になる」w

大嘘つきだとはっきりしとる奴を讃えるとは…

何の冗談だか。韓国の陰謀に役立つ日本人に賞を出して更にディスって貰おうって魂胆?日本には無いなぁ~こんな賞😧

じゃーなりずむwww

事実を見もせず捏造を喜び顕彰ですか。

なにかの冗談?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事