東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

▼記事によると…

・2020年東京五輪・パラリンピック招致に使われた海外コンサルタント費計9億円余りの支出を裏付ける会計書類の所在が不明になっている。

・海外コンサル費を巡っては、シンガポールのコンサル会社「ブラックタイディングス」(BT社)への支出が不正に使われた疑惑が浮上し、フランス検察当局が捜査している。

・招致委員会の解散時(14年)の全役員と事務局幹部計20人に所在を尋ねたが、明言した人はいなかった。

・回答の内訳は、7人が明確に「知らない」と回答。9人は「もう理事ではない」「招致活動の件の窓口は都と組織委」などと明確には回答せず、このうち竹田氏や橋本聖子五輪担当相、鈴木大地スポーツ庁長官は、JOCがBT社への支出を調査した際の「報告書の通り」と明言を避けた。

2019年11月17日 06時00分
https://mainichi.jp/articles/20191116/k00/00m/040/315000c

2020年東京オリンピック


2020年東京オリンピックは、2020年7月24日から8月9日までの17日間、日本の東京で開催される予定のオリンピック競技大会。一般的に東京オリンピックと呼称され、東京五輪と略称される。公用文では第三十二回オリンピック競技大会の表記も見られる。東京での五輪開催は、1964年以来2回目。
日付:2020年7月24日(金) – 2020年8月9日(日)
2020年東京オリンピック - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

よぉ、書類なくす国やなぁ、、、

これも有耶無耶にしようとしているのか。日本がこれほどまでに酷い国になったのは、「責任の所在を明らかにしないまま、責任をとるべき者にきちんと償わせなかった」ことも、一つの大きな要因。他国では当然のことなのだから、これからは責任を取らせ償わせなければいけない。

なんか日本という国が「無能かつズルで人生渡ってきた有力者のコネ坊ちゃんばかりが権力を握ってしまった会社」みたいになりつつあるな…。

この国はホンマ糞。敗戦間際にヤバい書類を徹底的に焼却した大日本帝国から1ミリも進歩してねえ。

この国文書無くしすぎだろ。真面目に帳簿付けてるのがアホらしくなる。

あーもー、うんざり……

最近やり方がエスカレートしてるな本当に。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事