大嘗祭「一晩のため税金27億円」 東京駅前で反対集会

▼記事によると…

・東京都・丸の内駅前広場で14日夜、大嘗祭(だいじょうさい)に反対する集会があった。

・主催者の男性
「たった一晩の儀式のために27億円もの税金を使い、巨大な神殿が建てられた」

・参加者は「インチキ大嘗祭」などと書かれたプラカードを掲げ「大嘗祭反対」「税金返せ」とシュプレヒコールの声を上げた。

・女性(37)
「天皇制に反対する人は潜在的にいるのに、声を上げにくい息苦しい状況が生まれている」

11/14(木) 19:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000071-asahi-soci

大嘗祭


大嘗祭は、日本の天皇が皇位継承に際して行う宮中祭祀であり、皇室行事。 新天皇が即位の後に新穀を神々に供え、自身もそれを食する。その意義は、大嘗宮において、国家、国民のために、その安寧、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、また祈念することである。
大嘗祭 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

税金を納めているのか、そもそも日本人なのかもよく分からない集団ですね。

それで何人集まったのですか?写真には2人くらいしかいなそうですけど。

一晩の儀式の為というのは視野が狭いと思う。今回神殿を建てる事で技術が継承され、経験やデータが蓄積されることで日本の伝統や文化を後世に引き継いでいくことができるのだから。首里城の再建にあたっては瓦職人が亡くなり、再現できる人が居ないと言われているのだから、文化を繋ぐという視点で見れば決して高いとは思わない。

俺の税金がこれに使われることに異論はない。

一番の税金の無駄遣いは、小室圭への警備代だと思うけど。あいつの為に年間一億円くらいの警備費用が使われてるらしいが、それこそ税金の無駄遣い。勘弁してほしい。

何で今、集会したの。やる前に反対しなきゃ。税金使っちゃった後に言ったってしょうがないでしょ。しかも次いつやるかわからないのに。

納税者としてはこの儀式に使われることに異論はありません。何人だか分からない国会議員の給与に使われる方が納得いきません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事