国民祭典で繰り返された「万歳三唱」15回に困惑も運営は「予定通り」 その真意は?

▼記事によると…

・天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」が9日、皇居前広場で開かれ、招待客を含めた約3万人(主催者発表)が集まった。

・厳かでありながら、温かな感動をもたらした国民祭典だったが、多くの人が違和感を抱いた場面もあった。当日、自宅でテレビを見ていたという20代女性は言う。

「ぼーっとテレビを眺めていたら、いきなり万歳三唱が何度も流れて、思わずチャンネルを変えました」

会場で配られた祝賀式典プログラムでは、「天皇陛下のお言葉」の後に、伊吹文明・奉祝国会議員連盟会長による「万歳三唱」と記されていた。予定通り、伊吹会長は力強く万歳三唱を指揮し、安倍晋三首相やステージ上の人々もこれに続いた。

司会の谷原章介さんが伊吹会長に「ありがとうございました。聖寿(せいじゅ)万歳を、伊吹文明奉祝国会議員連盟会長より申し上げました」と述べた直後、再び男性の声で「天皇陛下 万歳」の声が響いたのだ。

・その後現場が静まると、谷原さんが両陛下の退出をアナウンス。だが、またもや先の声で「万歳三唱」が始まったのだ。

SNS上でも、鳴りやまない万歳三唱に疑問の声が上がっている。

<万歳三唱怖い>
<ステージの人たちも固まった感じがしていて奇妙だった>
<両陛下も困惑していたのでは>

11/11(月) 17:00
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191111-00000036-sasahi-soci

万歳


万歳とは、喜びや祝いを表す動作などを指していう言葉。動作を表す場合は、「万歳」の語を発しつつ、両腕を上方に向けて伸ばす。また、より強調して、「万々歳」と言われる場合もある。
万歳 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

素晴らしかった。天皇陛下 万歳🙌

北朝鮮かよって思った

マイクで万歳を煽ったように感じた人もいたのでしょうね。テレビだとマイクの声が大きくて。。やっぱりライヴがいちばんです。数年ぶりですが一般参賀に行きたくなりました。

日本で喜びの表現と言えば万歳じゃないの?何が問題なの?

国民の祭典の万歳三唱、本当に怖かった…そこに国旗を振る人々。戦時中かと思った💦

天皇陛下に負の感情は全くないけど、あの光景はちょっと異様に見えた

令和が平和な世でありますように

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事