自民・山田宏氏が韓国・文政権の「トリセツ」披露! “反日暴走”続ける隣国には「必要最小限の付き合いで」

▼記事によると…

・「信頼関係の構築など無理。必要最小限の付き合いにとどめるべきだ」

山田氏はこう断言した。防衛政務官時代に、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件が発生し、「文政権の本性」を痛感した人物である。

・山田氏は7日、李氏の発言を受け、自身のツイッターで《韓国側と会う時は、必ず事前に発表する内容を文書で合意して、その上、責任者のサインを取ることを条件にすべき》と発信した。

山田氏は「文政権は、都合良く、ウソも交えて発表してばかりいる。そんな国と付き合うには、前出のような条件を付けるしかない。付き合いも必要最小限にして、この先、韓国が不幸になりそうになっても、手を差し伸べるべきではない。そうしないと日韓関係は正常化しない」と語った。

2019.11.9
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191109/pol1911090005-n1.html

山田宏 プロフィール


山田宏は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員。 東京都議会議員、東京都杉並区長、日本創新党党首、大阪市特別顧問、大阪府特別顧問、衆議院議員、次世代の党幹事長を歴任。
生年月日: 1958年1月8日 (年齢 61歳)
山田宏 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

うーん正論

ようやくこういうことが言える世の中になった

今まで何が邪魔してたんだろうね?相当な圧力の正体は何だったんだろ

言いたいことが言えるこんな世の中

更に、必要を減らすべき。つーか必要ないのに無理に関わって来てただろ

いやここまで長かったな

なかなか良いけど最小限でも付き合い自体を辞めてほしいな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事