首里城火災 コード溶けた痕30カ所 正殿北東の電気設備 火災直前に白い発光体の映像も

▼記事によると…

・那覇市首里当蔵町の首里城正殿など主要7棟が焼失した火災で、那覇市消防局は7日、市銘苅の同消防局で記者会見した。電気系統設備が最も集中している正殿北東の部屋が出火場所とみており、その部屋の分電盤の床下配線と、分電盤側面のコンセントに取り付けられていた延長コードが見つかった。その両方に、溶融痕があったことを明らかにした。今後、消防研究センター(東京都)で出火原因との関連を鑑定する。一方、延長コードは今年2月から正殿内に取り付けられていたことも関係者への取材で分かった。

・市消防によると、木造の正殿は燃え方が激しく、火の巡り方の検証が困難という。北東の部屋で火災原因の特定につながる唯一の痕跡は床下の配線と延長コードの2点だけだった。

関係者によると、延長コードは国から県に管理が移行した今年2月以降に設置。

2019年11月8日 09:39
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1022120.html

首里城


首里城は、沖縄県那覇市首里金城町にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾である。現在は国営沖縄記念公園の首里城地区(通称・首里城公園)として都市公園となっている。
首里城 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

コレって^^;防災設備不足云々以前の管理状況の問題(・・?

国に責任があるから金払えとか言ってたぱよちん息しとるか?

設置したの誰…

なんや結局タコ足配線が火元かい…

やはり復元の必要はないな。

アベのせい

さぁいよいよ県の責任が明確になってきたね。これでも国が悪いと言い張るか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事