広島県警が河井克行氏のスピード違反見逃したか 違反検挙しなかったとも

▼記事によると…

・「週刊文春」(10月31日発売号)が報じた妻・案里氏の参院選における公選法違反疑惑を受けて、同日、法務大臣を辞任した河井克行衆院議員(56)。法相在任中に、悪質なスピード違反を秘書にさせていたことが新たに判明。

・河井氏は、正午から北広島町で始まるイベントのため、急いで広島県内を移動していた。その際、河井大臣(当時)が急ぐように求め、80キロ制限の高速道路を、60キロオーバーの140キロで走行したという。

・50キロ以上の超過は本来、一発免停で、6カ月以下の懲役又は10万円以下の罰金となる。ところが、警護についていた広島県警の後続車両は、140キロで走る河井氏の車を追いかけつつ、事務所に注意を促す電話を入れたのみで、違反を検挙しなかった。

・その決定的な証拠を「週刊文春」は新たに入手。克行氏と事務所スタッフらとのLINE上のやり取りだ。そこには、10月5日の12時に〈県警より、「現在140キロで飛ばされていますが、このようなことをされたら、こちらとしてはかばいきれません。時間に余裕を持って、時間割を組んでください」とお電話がありました〉と記されていた。

2019年11月6日 16時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/17341157/

河井克行 プロフィール


河井 克行は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、きさらぎ会幹事長。 自由民主党総裁外交特別補佐、内閣総理大臣補佐官、法務副大臣、外務大臣政務官、衆議院外務委員長、法務大臣、広島県議会議員等を務めた。
生年月日: 1963年3月11日 (年齢 56歳)
河井克行 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

上級国民の単語が定着してきたね。

こいつ流石にやりたい放題やりすぎだろ。いい加減にしろよ

うちの親父(庶民)からは罰金もぎ取ったくせになぁ、広島県警さんよ…

なんでこのタイミングで浮き上がってきたんですかねえ……

上級国民は人○しても罰に問われないからスピード違反くらいなんでもないってことなんだろうな

この世に正義なんてない!と思ってしまう

速いのは辞任だけじゃなかったのか

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事