ウィーン芸術展、公認撤回 昭和天皇の風刺作品など展示

▼記事によると…

・日本とオーストリア国交150年の記念事業として同国の首都ウィーンで日本の芸術家らの作品を展示していた「ジャパン・アンリミテッド」について、在オーストリア日本大使館は5日までに公認を取り消した。

東京電力福島第1原発事故や安倍政権を批判的に扱った作品などが問題視されたとみられる。

・日本での政治社会批判の自由と限界に焦点を当てた展示会はウィーン中心部の「ミュージアム・クオーター」で9月下旬に開幕。

放射線防護服に日の丸の形に浮かんだ血が流れ落ちるようなオブジェや、安倍晋三首相に扮した人物が歴史問題を巡り韓国、中国に謝罪する動画も展示されていた。昭和天皇を風刺する作品もあった。

2019.11.6 08:21
https://www.sankei.com/world/news/191106/wor1911060008-n1.html

↓↓↓

望月衣塑子さんのツイート

トリエンナーレ 補助金不交付の余波がここにも。

こうやって世界に対して日本の表現の不自由な状況が日々浮き彫りにされていく。

ウィーン


ウィーンはオーストリア東部にある首都で、ドナウ川のほとりに位置しています。芸術的にも文化的にも名高い同市は、モーツァルト、ベートーベン、フロイトなどかつての住民が大きく貢献しています。ハプスブルク家の夏の離宮であったシェーンブルン宮殿など、帝国時代の宮殿でも有名です。ミュージアム クォーターにある新旧の美術館には、エゴン・シーレ、クリムトをはじめとする芸術家の作品が収められています。
人口: 188.9万 (2018年)
ウィーン - Wikipedia

望月衣塑子 プロフィール


望月 衣塑子は、中日新聞社の社員。2018年10月現在、東京本社社会部記者。
生年月日: 1975年 (年齢 44歳)
望月衣塑子 - Wikipedia

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

無法の自由と管理されたの中の自由は180度違う

問題視されているのは安倍政権批判ではないと思います。

ウィーン側もよくこれ展示しようとか思えたな。抗議されると思わなかったのか?

国交150年記念の友好芸術展にそぐわない作品を出展してりゃ公認取り消しは当たり前だろよ

一つ一つの補助金は税金。みんなのお金を使う事で自らの自由を失う事はビジネスでもアートでも同じこと。しっかり応援してくれる人を募って持続可能な仕組みにする事が大切。

政権批判でなく日本全体を貶める内容ですよね。公認撤回は当然だと思います

芸術と称すれば何やってもいいってわけじゃない。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事