COP25 グレタさん“転戦” スペイン政府「お手伝いします」

▼記事によると…

・地球温暖化対策の会議「COP25」の開催国がチリからスペインに急きょ変更されたことを受けて、スペイン政府はスウェーデンの16歳の活動家グレタ・トゥーンベリさんがアメリカ大陸から移動するための支援にあたる意向を表明しました。

・グレタさんは1日、ツイッターに「間違った方向に地球を半周したことになってしまいました。誰か移動手段を見つける手助けをしてくれたらとてもうれしいです」と投稿し、支援を求めていました。

・これに対してスペインのリベラ環境保護相はツイッターで「大西洋を横断する帰路を喜んでお手伝いします」と投稿し、スペイン政府がアメリカ大陸から移動するための支援に当たる意向を表明しました。

2019年11月3日 10時38分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191103/k10012162661000.html

グレタ・トゥーンベリ プロフィール


両親:マレーナ・エルンマン、 スヴァンテ・トゥーンベリ 急上昇
生年月日:2003年1月3日 (年齢 16歳)
生まれ:スウェーデン
運動・動向:クライメート・ムーブメント(英語版)
兄弟姉妹:ベアタ・エルンマン・ツンベルグ

twitterの反応

▼ネット上のコメント

カヌーを提供するのかな

ヨットでパナマ運河通れば良いだろ

本人が出向くのにそこまで意味があるのかな

スペイン人の税金で移動かよ

環境芸、飽きた。

只で移動しようて魂胆だよな?

移動がエコではありません。ネットで参加するべきです

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認