首里城焼失 国が防火設備撤去 安全管理の見通しの甘さ浮き彫り

▼記事によると…

・那覇市首里当蔵町の首里城の正殿や北殿、南殿など計7棟が焼失した火災で、正殿の外に設置されていた「放水銃」と呼ばれる消火設備5基のうち1基を、2013年12月までに国が撤去していたことが1日、分かった。

沖縄総合事務局の担当者は本紙の取材に「火災発生時にも放水銃4基で対応できると判断し、代わりの防水設備を設置しなかった」と回答した。

今回の火災は、スプリンクラーなどの消火設備の不足が大規模な延焼につながったと専門家らは指摘しており、安全管理の見通しの甘さが改めて浮き彫りになった。

2019年11月2日 09:49
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1018912.html

首里城


首里城(しゅりじょう、スイグスク)は、沖縄県那覇市首里金城町にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾である。現在は国営沖縄記念公園の首里城地区(通称・首里城公園)として都市公園となっている。
首里城 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

さすが琉球新報。国のせいにしようとしている。

『はぁ。?国の責任。?』 始まった。玉城デニーの責任転嫁工作。?首里城公園を今年2月まで管理していた国。管理を受け継いだ県と、県の指定管理者の財団。普通に考えれば、管理の移管を受けた沖縄県が、その活用法にみあった対策を実施すべきだ

早速、国のせいですか

早速、国の責任転嫁をしようと躍起になっている💢問題解決よりも目先の揚げ足取り、足の引っ張り合いに終始💢また政局に持っていくマスコミ💢

あのさ、管理が国から県に変わったんだろ?なら国が管理する設備を撤去するのは当たり前だろ。県が変わって防火設備を設置すべき。してなかったの?

管理は県に移行してたんでないの?

だったら県で設置しろや。責任転嫁するな!!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事