台湾脱線事故 “設計ミス”鉄道当局が車両受注の住友商事提訴

▼記事によると…

・去年、台湾で日本製の車両で運行していた特急列車が脱線して18人が死亡した事故で、台湾の鉄道当局は安全装置の設計ミスなどが事故を招いたとして、車両を受注した日本の大手商社に21億円余りの賠償を求める訴えを台北の裁判所に起こしました。

・台湾の鉄道当局は「専門家によって原因を調査した結果に基づいた訴訟であり、今後は遺族への賠償も請求していく」としています。

住友商事「コメントは差し控える」

2019年10月31日 21時15分9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191031/k10012159361000.html

台湾


台湾は中国の 180 km 東に位置する小さな島国です。国内には、現代的な都市、伝統的な中国寺院、温泉リゾート、壮大な山岳地帯などがあります。北部にある首都台北は、活気に満ちた夜市や、国立故宮博物院が所蔵する中国歴代王朝の美術品、高さ 509 m で竹のような外観をした超高層ビル、台北 101 で知られています。
面積: 36,193 km2
台湾 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

これは言いがかりじゃなくて日本のミスっぽいからちゃんと賠償しろよ

事実なら良いんじゃないただ徹底的に調べるべきだけど

日頃ちゃんとメンテナンスしていれば安全装置の動作確認出来てるはずじゃね?

仮にいいがかりならしっかり反論するべき。日本のミスならちゃんと賠償するべき。普通のことだよ

たった21億だけでいいの? 住商なんてもっと請求してもいいんじゃね?

運転手が許可を取り手動運転したのが一番の原因

手動運転で制限の2倍出したら日本でも事故るだろーよ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認