COP25 スペインで開催決定 チリに向かっていたグレタさんは

▼記事によると…

・南米チリが開催を断念した地球温暖化対策の会議「COP25」が、当初の予定と同じ日程の来月2日から、スペインの首都マドリードで開催されることになりました。

・COP25には、温暖化対策を訴えるスウェーデンの16歳の活動家グレタ・トゥーンベリさんが参加を表明していますが、飛行機に乗らない主義のためことし8月にヨットで大西洋を横断してアメリカに到着していただけに、急きょスペイン開催となったことで会議に参加できるか注目されています。

・グレタさん「誰か移動手段を見つけて」
COP25の開催地がスペインに変更になったことを受けてグレタさんは1日、みずからのツイッターに「間違った方向に地球を半周したことになってしまいました。11月に大西洋を渡る方法を見つけないといけません」と投稿しました。

そのうえで「誰か移動手段を見つける手助けをしてくれたらとてもうれしいです」とつぶやき、支援を呼びかけました。

2019年11月2日 5時55分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191102/k10012161621000.html

グレタ・トゥーンベリ


トゥーンベリは、2018年8月に15歳の時に、スウェーデン語で「気候のための学校ストライキ」と言う看板を掲げて、より強い気候変動対策をスウェーデン議会の外で呼びかけるという学生時代を過ごし始めたことでよく知られるようになった。
生年月日: 2003年1月3日 (年齢 16歳)
グレタ・トゥーンベリ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

環境芸人みたいになってきてしまっている。

飛行機より環境負荷が低い移動手段は泳いで渡る以外にないがどうする気なんだろうな?無知がたたって苦労してるな。まあ自業自得だが。

風船🎈偏西風みたいなのあるんでしょ

助けて?理念を曲げて移動できるかな。

歩け!泳げ!跳べ!環境を大切にしたいなら自分の身1つで頑張れ!😊

君には足があるだろう。

何だか行けそうな気がするー

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事