協定延長は「日本次第」 GSOMIAで韓国高官

▼記事によると…

・韓国の鄭義溶大統領府国家安保室長は1日、韓国政府が破棄を決めた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)について「延長できるかどうかは日本側の態度にかかっている」と強調した。日本が輸出規制強化を撤回すれば前向きに再検討する用意があると重ねて表明した。協定の期限は22日に迫っている。

・鄭氏は「米政府の希望は伝わってきている」とした上で「われわれが主権を持って決定する問題で、日本が取った(輸出規制強化の)措置を考えれば絶対に延長することはできない」と述べた。

2019.11.1 19:17
https://www.sankei.com/world/news/191101/wor1911010024-n1.html

軍事情報包括保護協定


軍事情報に関する包括的保全協定とは、同盟など親しい関係にある2国あるいは複数国間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定。2019年8月現在、日本はアメリカ合衆国やNATOなど7カ国と、アメリカ合衆国は60カ国以上と、韓国は21カ国とこの協定を締結している。
軍事情報包括保護協定 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

あ、結構です

韓国の態度が変わらない限り無理

じゃ廃棄どうぞ

爆笑した笑

さっさと国交断絶したいぞ。人を不愉快にさせる天才だね!

相変わらず上から目線

核開発にも使えるフッ化水素の管理強化は、報復でなく安全保障の話だから、横流し疑惑を解決しないと。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事