慰安婦像写真使用の作品、展示見合わせ=市展覧会「安全第一」と-三重・伊勢

▼記事によると…

・三重県伊勢市が、29日から市内で開催されている市美術展覧会で、従軍慰安婦を象徴する少女像の写真を使った作品の展示を見合わせていたことが31日、分かった。

主催する市教育委員会は理由について、「あいちトリエンナーレの騒動もあり、市民や観覧者の安全を第一に考えた」と説明。

・作品は同市のグラフィックデザイナーで運営委員を務める花井利彦さん(64)が制作した「私は誰ですか」というB2サイズのポスター。「表現の不自由」をテーマとして、黒を背景に、赤く塗られた手のひらに石が置かれたデザインで、作品の左上には中国人慰安婦を象徴する少女像の写真をコラージュしている。写真の下には、英語や中国語など4カ国語で「私は誰ですか」と書かれている。

・花井さんは少女像の部分をインクでぼやかす対応をしたが、30日に改めて展示不可が伝えられた。

花井さんは「こんな問題になるとは思っておらず非常に憤慨している」と述べ、「展示前に検閲するのは憲法違反。若い人の表現の萎縮にもつながる。訴訟も視野に入れている」と話した。

10/31(木) 11:47
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000051-jij-pol

伊勢市


伊勢市は三重県中部に位置し、海に面しています。内宮と外宮という 2 つの正宮からなる広大な神社、伊勢神宮で知られています。内宮と外宮の間にある、おはらい町とおかげ横丁には、江戸時代や明治時代を思わせる建物が立ち並びます。現在、こうした建物の中には土産物屋や飲食店が入っています。他にも市内には、伊勢神宮よりも規模が小さい神社が 100 以上もあります。
人口: 12.78万 (2015年)
伊勢市 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

作品ではなく政治的プロパガンダのスローガン

、、ていうか、伊勢でも公金を使って慰安婦像関係の作品展示を予定してたの?

いや、市のイベントなら市が責任負わなきゃならんから市が可否の判断はするものだろ。検閲てのは自費でやってる物に行政が口挟む事じゃないんかい。そこが駄目なら自費でやれば良いんでないか?

こんなの認めたら、全国の美術展が慰安婦像で埋め尽くされる。

もうほとほと嫌になりました。安倍独裁政権のもとで自由も民主もどんどん失われていきます。

伊勢市の判断は正常だと思います。

だから公的な展覧会に出品せず自費でやんなさいよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認