日韓、「徴用工合意」へ検討着手 経済協力基金の創設浮上

▼記事によると…

・日韓両政府が元徴用工問題を巡り、事態収拾に向けた合意案の検討に着手したことが28日、分かった。複数の日韓関係筋が明らかにした。

これまでの協議で、韓国の政府と企業が経済協力名目の基金を創設し、日本企業も参加するとした案が浮上。

1965年の日韓請求権協定で賠償問題は解決済みだとする日本政府の立場を踏まえた考え方とみられる。

10/28 22:38
https://this.kiji.is/561493460296647777

徴用工訴訟問題


徴用工訴訟問題(ちょうようこうそしょうもんだい)とは、第二次世界大戦中日本の統治下にあった朝鮮および中国での日本企業の募集や徴用により労働した元労働者及びその遺族による訴訟問題。元労働者は奴隷のように扱われたとし、現地の複数の日本企業を相手に多くの人が訴訟を起こしている。韓国で同様の訴訟が進行中の日本の企業は、三菱重工業、不二越、IHIなど70社を超える。2018年10月30日、韓国の最高裁にあたる大法院は新日本製鉄(現日本製鉄)に対し韓国人4人へ1人あたり1億ウォン(約1000万円)の損害賠償を命じた。
徴用工訴訟問題 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

共同通信の記事は、またまたソウル発か?

このやり方はおかしいと思う。どうしてこんな風にこじれるのか。払うべきは韓国政府であり日本は一切関わるべきではない。

「日本企業も参加する」なら、安倍政権倒閣運動始まります!

日韓が和解に向けて動き出した?共同通信の誘導記事かも。日韓議連の河村議員らが動いているが、和解は未だ早い。10億円を拠出した和解癒し財団は韓国が一方的に解散。民間寄付で財団を設立しても、韓国が行いを改め、正しい歴史教育もしなければ解決にならない。

賠償の問題は解決済という姿勢を崩せば、どんどん要求がエスカレートします。当然です。韓国は歴史捏造と、国際法の自分勝手な解釈の常習犯です。金をたかれそうだと感じたらたかりに来ます。前回の合意を守ると考えるのは甘いです。理不尽な要求を常に蹴る勇気が必要です。

韓国に譲歩するような言動をとった政治家を具体的に落選させないと、ずっと譲歩が続いてしまう。

これ本当なら、私は数十年自民党を支持してきましたが、もう愛想が尽きます。慰安婦合意の時もそうですが、こうやって韓国の我儘、おかわりに付き合った結果どうなりましたか?単なる報道なので、事実で無い事を祈る

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事