加害教員の自主退職認めず「厳正に処分」 神戸・教員暴行

▼記事によると…

・神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、市教育委員会は21日までに、加害教員4人が処分前に自主退職を申し出た場合、認めない方針を決めた。「自主退職で身分がなくなれば、処分を下せなくなる」として事前に手を打った形だ。

・市教委は「厳正に処分しなければ、市民の理解は得られない」としている。

10/22(火) 6:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00000000-kobenext-soci

須磨区


須磨区は、神戸市を構成する9区のうちのひとつで、同市の西部に位置する。南部の板宿を中心とする旧市街地、北部の妙法寺や名谷を中心とする新興市街地など様々な街の景色を持つ。 平安時代末期に起きた一ノ谷の戦いの舞台でもある。
須磨区 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

青少年を護るために厳正な処分を期待します。戦後教育の弊害は随所に見受けられるので教職員人事制度の抜本的な改革を望んでいます。国民は見ていますよ。

ついでに、刑事・民事の両面から立件も求む。

神戸市民としてそんなんに税金使って欲しくも無いし、恥ずかしい今回の件。神戸に悪いイメージついたのを責任取らすべき。かわいがる、、とか先生の立場であかんよね

神戸市教育委員会もちゃんと重い事件だと思ってるんだな…よかった😳😳😳

👳現在、処分を受けてるのはカレー🍛だけです

当然やろ‼️😡

厳正に処分は良い事だけど社会に迷惑を掛けた。加害者教諭らの謝罪会見を開くべき。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事