ついに「往復1千円」も LCC値崩れ、日韓関係悪化で

▼記事によると…

・日本と韓国を結ぶ格安航空会社(LCC)の便が、値崩れしている。日韓関係が悪化した影響で、韓国からのインバウンド(訪日外国人)が激減しているからだ。

・「ありえない状況です」と話すのは、格安旅行サイト「ena(イーナ)」を運営する旅行会社エアプラス(東京都港区)の登山(とやま)幸典さん(50)。LCCのチケットの仕入れを担当する登山さんは、8月の最終週あたりから異変を感じ始めた。

普段は安くても往復6千~7千円という大阪―ソウル便が、「エアソウル」は1千円、「イースター航空」は1200円。予約率によって価格は日々変動するが、往復5千円ほどだった福岡発着便は3千円前後に。「ティーウェイ航空」の福岡―ソウル便は2千円まで下落。

・登山さんは「特に福岡は安値が顕著で、大阪や成田にも飛び火している。11月は冬休み前で休みが取りにくく、旅行を控える傾向にあるので、さらに値崩れするかもしれない。日本から行くならいまがチャンス」と言う。

2019年10月20日19時15分(有料記事)
https://www.asahi.com/articles/ASMB7630WMB7TIPE02K.html

大韓民国


韓国は朝鮮半島の南半分に位置する東アジアの国で、非常に厳しい軍事境界線が北朝鮮との間にあります。韓国はまた、桜の木や数百年前に建てられた仏教寺院が点在する緑に覆われた丘陵地帯や、海辺の漁村、亜熱帯の島、首都ソウルのようなハイテク都市でも知られています。
大統領: 文在寅
大韓民国 - Wikipedia

格安航空会社


格安航空会社とは、効率化によって低い運航費用を実現し、低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社である。ローコストキャリアとも言われる。 これに対して日本航空や全日本空輸のような従来型の航空会社は「フルサービスキャリア」とも呼ばれる。
格安航空会社 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

日本以外に行き先ないの?

安すぎだけど行きたいとは思わない(´ω`)

これはいい。これから寒くなる季節。韓国に参鶏湯たべに行きましょう^^

仕事で行く人や、帰省される方にはお得ですな。

日本の国内線より安いやないか(笑)まぁ、韓国の格安航空会社どれも経営は火の車らしいし少しでも稼いどきたいんだろうな

行きてぇ。いますぐ、行きてぇ。

✈️安全面が疎かにされて無いか⚠️心配なレベルです💧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事