青葉容疑者は車いすで時折涙を流す…逮捕の見通しは立たず 京アニ放火事件から3か月

▼記事によると…

・今年7月、京都アニメーションで起きた放火殺人事件の発生から10月18日で3か月。

・青葉真司容疑者(41)は車いすに乗るまでに回復

・介助があれば車いすに乗れるまでに回復し、時折涙を流しているが、事情聴取できる状態ではなく逮捕の見通しは立ってない。

2019/10/18 12:09
https://www.mbs.jp/news/kansainews/20191018/GE00030056.shtml

京都アニメーション


株式会社京都アニメーションは、日本のアニメ制作会社。略称は京アニ。主にテレビや劇場用アニメーション作品の企画・制作、他社作品の制作協力を行っている他、出版事業やマーチャンダイジング事業なども行っており、アニメーションを軸としたコンテンツ事業を展開している。会社商標ロゴは「京」の文字をモチーフにしてデザインしたもの。
京都アニメーション - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

監視の目から離れるようなことがないようにはお願いしたいね

無能の分際で才能ある優良な人種の命を奪った罪は死んでも苦しめて拷問し続けても償いきれない

回復して逮捕、起訴となればどう考えても死刑だろう。

いい方にとらえて良心の呵責かもしれないが、意味はない。誰も浮かばれない。青葉真司容疑者にある結末は悪い意味での因果応報と決まっている。

泣いて後悔しても遅いし、事件を起こしたことには一生償う義務がある。二度とそういう事件が起きないことを強く祈る

自分の状態が辛くて泣いてる可能性もある。泣いても罪は軽くならないし起きた事実はなにも変わらない

泣きたいのは被害者だよ。…ふざけんなよ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認