森喜朗会長、札幌移転案に追加費用はIOCに請求も「我々に持てと言われると切ない」

▼記事によると…

・国際オリンピック委員会(IOC)は猛暑が懸念される東京五輪陸上のマラソン、競歩について、札幌で開催することを検討すると発表したことを受けて、東京2020大会組織委員会の森喜朗会長(82)が17日、都内で取材に応じた。

先週の連休前にIOC側から提案を受けたことを明かし「ドーハ(世界陸上)の凄惨な状況をみて、東京で同じ事が起これば、大変なことになると。

・追加費用について森会長は「どれぐらい掛かるのか精査しないといけないが、我々には守れ守れと言われている予算の枠があり四苦八苦している。(追加費用が)とてつもない額になって、それをどっちが持つとなった時に、我々が持つとはいいたくないし、持てと言われたら切ないよね。僕らからすると。IOCが持ってくださいと、そういうことを言わないといけない。電話ではそういうこともありますよ、と伝えてある」と、IOCに請求する可能性を示した。

2019.10.17
https://www.daily.co.jp/general/2019/10/17/0012797218.shtml

森喜朗 プロフィール


森 喜朗は、日本の政治家。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長。 衆議院議員、文部大臣、通商産業大臣、建設大臣、内閣総理大臣、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、自由民主党総務会長、自由民主党総裁などを歴任した。
生年月日:1937年7月14日 (年齢 82歳)
森喜朗 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

追加費用の大部分はIOCが負担するのが筋でしょう。ただ本来ならオリンピック招致する時に対応するべき案件だったと思うけど。

何言ってんだ? 始めから猛暑になる時期にやるんだから懸念されてたことだろうが!!費用を持ってくれとか、よく恥ずかしげもなく言えるな…

責任者発言なんですよねぇ。そもそもクッソ暑い8月の東京に誘致した責任問われる事態だよねぇ。

 開催時期を決めた責任はこの人にはないのだろうか。

放送権のために10月開催を拒否したIOCのためにサマータイムまで導入しようとした森さんからしたら北海道への切り替えは「切ない」よね

いやぁ。。そもそもね。競技場も酷暑対策よりもコストカットを選んで作ったじゃん。オリンピック観戦しながら熱中症で何人犠牲者が出るんだろ。

いやいや、モリキロウさんさぁ、あんな時期に日本でマラソンや長時間競技出来ると、本気で思ってたのか??

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事