志らくさんのツイート

グッとラック。

表現の不自由展で素直に感じたこと。

やっていいことと悪いことがあると子供の頃に親から教育を受けなかったのかなあ。

↓↓↓

ラサール石井さんのツイート

やっていい事と悪い事がない」のが表現の自由なんですよ。

個人個人が批判するのも自由。

だから展示されたものを個人的に批判すればいい。

一人の人間が複数の人を演じるなんて気持ち悪い」なんて言われても落語やめないでしょ。

表現者がなぜ表現者を批判するかな。

だからTBSで仕事もらえたんだよね


https://twitter.com/lasar141/status/1182315364039806976

立川志らく プロフィール


立川 志らくは、江戸・東京の落語の名跡。この名前を名乗った落語家は、5人前後いるとされている。亭号は立川の他に翁家、升々亭などがあった。 朝寝坊志らく - 後の柳亭左好。本名、田中直四郎。6代目朝寝坊むらくの門で名乗る。
生年月日: 1963年8月16日 (年齢 56歳)
立川志らく - Wikipedia

ラサール石井 プロフィール


ラサール 石井は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者、声優、演出家である。本名及び旧芸名、石井 章雄。愛称はラサール。 石井光三オフィス所属。
生年月日: 1955年10月19日 (年齢 63歳)
ラサール石井 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

うわ、最後のセンテンスがぐっさりだわ。

これ以上の的確で分かり易い解説ないと思います。

芸術にも最低限の倫理感や道徳心は必要であると考えております。それが嫌なのであれば、税金を使わずにアンダーグラウンドで好きなように表現されれば良いのではないでしょうか?

そうかもしれないが…この表現は俺は無理

志らくは日本人として当たり前のことを言っている。表現の自由だからといって、何でも許されると思っている事の方が恐ろしい。

ラサールさんの勝ち🤔

やっていいことと悪い事があると自制するのはマナーの問題

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事