鮫島浩さんのツイート

米国産牛肉は成長を早める人工ホルモン剤が投与されている。

米国産トウモロコシは遺伝子組み換えだ。

欧米には安全性を疑問視する消費者が多く米国産牛肉もトウモロコシも余っている。

それを大量購入するのがアベの日本というのだ。

テレビ新聞はこういう大事なことを報じない。

鮫島浩 プロフィール


ジャーナリスト。 2013年度新聞協会賞受賞。政治部デスクや特別報道部デスクを歴任。現在…。テレビ朝日、AbemaTV、ABCラジオなど出演多数。政治やマスコミに聖域なく斬り込みます❗
twitterより

twitterの反応

▼ネット上のコメント

では、報じる様にして下さいな。

牛肉とトウモロコシは怖くて買えなくなりそうです( ´ ` )

消費者にも選ぶ権利がありますよね?食べなければ良いだけ。そして、ホルモン剤による健康への影響に関して科学的なエビデンスありますか?消費者を馬鹿にして世論を誘導する手法はもう時代遅れ。

スーパーで安く置かれても米国産は買わないな。

どのへんが「大事なこと」なのかがサッパリわからない。

アベはアメリカのATMだから仕方ないです。

普段から和牛食えるゼニなんかどこにも転がって無いすよ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認