共産党がご即位の儀式に欠席表明も揺れる皇室観

▼記事によると…

・共産党の小池晃書記局長は9日の記者会見で、22日に行われる「即位礼正殿の儀」など天皇陛下のご即位に関する儀式に欠席すると表明。「現行憲法の国民主権、政教分離の原則とは両立しない」と述べた。

共産党はかねて即位の儀式について「現行憲法のもとで廃止・失効した旧皇室典範と登(とう)極(きょく)令(れい)を踏襲したもので、国民主権と政教分離という憲法の原則に反する」と主張。平成30年3月には「憲法の精神に即して見直すべきだ」と政府に求めていたが、応じられなかったと判断した。

2019.10.10 00:49
https://www.sankei.com/life/news/191010/lif1910100001-n1.html

小池晃 プロフィール


小池 晃は、日本の政治家、医師。参議院議員。日本共産党中央委員会政策委員長、党副委員長、日本共産党参議院議員団長、参議院幹事長、常任幹部会委員を歴任し、2016年4月より日本共産党中央委員会書記局長。
生年月日: 1960年6月9日 (年齢 59歳)
小池晃 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

共産党は何のために日本の国会議員をしてるの?

日本の政党でないことを自分で言いましたね

この人らは欠席でいいんだけど、これってあなたたちの大好きな憲法を踏みにじる行為なんだけど。

9条が9条がっていうわりには1条をあっさり無視する共産党さん

即位の礼の式典には天皇陛下の即位を祝う気持ちを持つ者だけに参列してほしい。

これで次の選挙で得票数が減りますね。

それでも日本の政党の一つであることに驚くわ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認