価格は8000万円。燃料はわずか338cc。即位記念「祝賀御列の儀」のパレードで使われるトヨタ・新型センチュリーベースのパレードカー

▼記事によると…

・価格は8000万円(以内)
10月22日に行なわれる「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿の儀」の後に行なわれるパレード「祝賀御列の儀」で使用されるパレード用のオープンカーは、トヨタ・新型センチュリーをベースにオープン仕様に改造されたクルマを使う。

新型センチュリーの生産を担当するのはトヨタ自動車東日本(旧・関東自動車工業)である。公式発表に、どのコーチビルダー(メーカー)がオープンカーに改造したかは記されていないが、おそらくトヨタ自動車東日本が担当したのではないか。

ベースとなるトヨタ・新型センチュリーの価格は、1960万円(税込納車時 現在は1996万2963円)。今回のオープンカーは約8千万円を上限とする契約で内閣府が購入。9月26日に宮内庁に納車された。

2019/10/07
https://motor-fan.jp/article/10011826

↓↓↓

@chin_poko_2ndさんのツイート

税金で8000万って言うけど、天皇陛下が即位するんやぞ?その先何十年と象徴になるんや

そんなお方が軽トラの荷台で手を振ってたらどう思う?

俺はすごく嫌。

日本という国の象徴は象徴らしくとんでもねえいい車で我々国民へ手を振ってほしいと思うね

トヨタ センチュリー


寸法: 全長 5,335 mm x 全幅 1,930 mm x 全高 1,505 mm
価格: 1996万円〜
メーカー: トヨタ自動車
エンジン: 5.0 L V8
燃料タンク容量: 82 L
最大出力: 317 kW

twitterの反応

▼ネット上のコメント

ほんこれです❗

世界最古最長を誇る我が国の皇室。体面も意義もとても重要。

世界のスーパーカーを見てると8000万とかまだまだだと思ってしまう

全く同感です。むしろ少ないくらい!今回の8,000万円を高いという方は、ほかにゴロゴロしている本来の税金の無駄遣いを真剣に追求してください。

寧ろトヨタも潤うし良い事しかない気がします

逆に簡素化、簡素化ってなる方が嫌ですね。何十年に1回の事なんですからドン!と使ってくださいよ。それより働かない国会議員の税金の方が勿体ないです。

安倍首相が高級寿司食ってもおにぎり食べても文句言う奴らですからね。車が高くても安くてもいや徒歩で来たとしてもうだうだ文句言うでしょう。交通警備員が水飲んでもクレームつける世の中じゃ無視するのも手です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

おすすめの記事