芸術祭開催費、支払い留保と河村名古屋市長

▼記事によると…

・国際芸術祭の企画展「表現の不自由展・その後」の再開決定を受け、名古屋市の河村たかし市長は7日、市が負担する開催費用の一部約3380万円について、期限の18日には支払わない考えを記者団に明らかにした。

2019/10/8 00:59 (JST)
https://this.kiji.is/553970513941775457

河村たかし プロフィール


河村 たかしは、日本の政治家。第32・33・34・35代名古屋市長、地域政党減税日本代表。 衆議院議員、裁判官訴追委員会第二代理委員長、総務省顧問等を歴任した。
生年月日: 1948年11月3日 (年齢 70歳)
河村たかし - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

あんな反日展示会に補助金払わなくていいよ

韓国並みの不誠実さで開き直られたらそりゃこうなる。

名古屋とも愛知とも縁はないですが全面的に支持します!そして愛知のトリエンナーレ表現の不自由展、大村知事に違和感又は反対意見をお持ちの方々を陰ながら応援します!

市長頑張って~日本ヘイトの何が芸術だ‼️

開いて欲しくない展示会を強行する愛知県と美術監督が理解出来ない。「嫌がらせを正当化する自由展」でしかない。

「常識」は河村市長を支持します。

河村市長と大村知事との公開討論を望む❗

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事