河村市長が抗議の座り込みへ 不自由展再開を批判

▼記事によると…

・愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が8日午後から再開されることに対し、名古屋市の河村たかし市長は7日、抗議の座り込みを行うと記者団に明らかにした。

8日の再開に合わせて名古屋市内の会場を訪れ、実施するという。

河村市長は再開に反対しており、9月30日の定例会見でも「市も主催者の芸術祭で政治的な作品を展示するのは世論のハイジャックになる」などと批判。

2019.10.7 23:18
https://www.sankei.com/life/news/191007/lif1910070044-n1.html

河村たかし プロフィール


河村 たかしは、日本の政治家。第32・33・34・35代名古屋市長、地域政党減税日本代表。 衆議院議員、裁判官訴追委員会第二代理委員長、総務省顧問等を歴任した。
生年月日: 1948年11月3日 (年齢 70歳)
河村たかし - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

なんで首長が座り込みなんかするねん。

河村さん、頑張ってるな。私もそう思うので応援します。

表現の自由は絶対に守らなければならないが…何を表現しても構わないということとは全く違う…自由だからこそ心が大切です

名古屋市民の知的レベルが疑われるぞ。

別に開催しても良いと思う。ただ自分達の主張を押し通す訳だから反対意見を拒絶するのではなく受け入れるべきだろう。

河村市長 頑張って下さい。応援しています。

ここまでして反対の意思表明する市長にすごいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事