出生数90万人割れへ 19年、推計より2年早く

▼記事によると…

・日本の出生数が急減している。1~7月は前年同期に比べて5.9%減り、30年ぶりの減少ペースとなった。団塊ジュニア世代が40代後半になり、出産期の女性が減ったことが大きい。

2016年に100万人を下回ってからわずか3年で、19年は90万人を割る可能性が高い。政府の想定を超える少子化は社会保障制度や経済成長に影を落とす。出産や子育てをしやすい環境の整備が急務。

・厚生労働省の人口動態統計(速報)によると、1~7月の出生数は前年同期比5.9%減の51万8590人。減少は4年連続だが、19年は月次でも3月に7.1%減となるなど、大きな落ち込みが続く。18年1~7月は同2.0%減だった。

2019/10/7 2:00(有料記事)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50672490W9A001C1MM8000/

少子化


少子化とは、 出生数が減少すること 出生率の水準が特に人口置換水準以下にまで低下すること 子どもの割合が低下すること 子どもの数が減少すること を指し、いずれの意味であるかは文脈にもよる。 長期的に人口が安定的に維持される合計特殊出生率を人口置換水準という。国際連合は先進諸国の人口置換水準を2.1と推計している。
少子化 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

その分をなんも考えず移民勢で補おうとするのか…

日本が存亡の危機にある事は前々からわかっていたことですがね……

日本の国を大事に思う議員も今の与党には少ないと思います。国を考える政治家というより金儲けの政治屋ばかりです。

政治には、現実的に子供が多い方が得という政策にしていただきたいと思います。

保育園を増やそうとしても地域の反対に合うというのは残念なことですね。対策がひとつも進まない

子供産んだ後じゃなくて、まず結婚して家庭持とうってなれない若者の財布事情をなんとかして欲しいっす

むちゃくちゃ安全で平和だけど住みにくいってよく言われるよね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事