立川談四楼さんのツイート

マイナンバーカードの普及は諦めた方がいい。

発行枚数は運用3年で人口の14%のみなんだから。

明らかに失敗してるんだが、失敗を認めたくないんだね。

「失敗してない」と言い張るために、新たに2100億円という多額の予算が計上されたんだ。

税金だぜ。

痩せ細る教育費に回すとかさ、一刻も早く撤退しなよ。

立川談四楼 プロフィール


立川 談四楼は、群馬県邑楽郡邑楽町生まれの落語家、作家。本名、高田正一。出囃子は『喜撰』。
生年月日: 1951年6月30日 (年齢 68歳)
立川談四楼 - Wikipedia

個人番号カード


個人番号カードとは、日本において「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づき発行される身分証明書の一つで、持ち主の氏名、住所、生年月日、性別、個人番号、証明写真などを券面に表示し、これらをICチップに記録するICカードである。通称マイナンバーカード。
個人番号カード - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

教育費に回して欲しいです。

だって、メリットが住民票をコンビニでとれる・・住民票なんてそういらんでしょ。

年金事務所でマイナンバーカードで本人確認しようとしたら、運転免許証の方がよいですってどういうこと?

マイナンバーは廃止すべきです。

住基ネットと全く一緒の道を辿ってる。知ってますか?マイナンバーカード導入で、住基ネットのシステムは全てムダになったんですよ。

こんなくだらない制度を止めれば消費税元に戻せるんじゃない?

しょうもない事にお金かけ過ぎやん。いつもの事やけど。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事