安倍首相“海洋プラ問題解決に技術革新”

▼記事によると…

・安倍首相は6日、地球環境などに関する国際会議に出席し、海洋プラスチックごみの問題解決に向けて技術革新の重要性を強調した。

安倍首相「プラスチックを敵視したり、その利用者を排斥したりすべきではありません。必要なのは、ゴミの適切な管理ですし、イノベーションに解決を求めることです」

・また「2050年までに海洋プラスチックゴミによる新たな汚染をゼロにする」と述べた上で、「科学と技術に人類の未来がかかっている」と強調した。

10/6(日) 15:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20191006-00000156-nnn-pol

安倍晋三 プロフィール


安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。自由民主党幹事長、内閣官房長官を歴任した。
生年月日:1954年9月21日 (年齢 65歳)
安倍晋三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

プラスチックからの脱却をと世界が動こうとしてるのに何を言うてんの?官僚も作文考えてないやろ!

正論です。使用量を減らしたり分解されやすいように工夫することは重要です。それだけではなく、原油に頼らない自然由来の分解されやすい素材も開発されているので、そちらの利用も推進してください。技術革新と量産でコストの問題も解決できると思います。

一つのことを解決すれば、そのことが原因で新たな問題が発生するというのが、今までの科学の世界だった。プラスチックはその最たるものだろう。本当に微生物に任せていいのか?何かとんでもない結末が待っているのでは?そういう危惧を感じる。

プラスティックを敵視したり、使用者を排斥したりしません。ただ、問題をレジ袋にだけ押し付け有料化し消費者に不便を強いて、大企業社や大手量販店にプラの使用削減や代替えの工夫を要請しない、いつもの貴方の政治姿勢が大きな問題でしょう。

プラスチックを悪者にしない。問題をちゃんと解決できるようにすることが重要、と発言する安倍さん。こういうところが、流石なんだよな。

韓国はごみを日本海に海洋投棄している国。ハングル文字の書かれたプラごみで日本の海岸にごみが流れ着いている現実

プラごみを減らす気はないんだな。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認