小泉進次郎、PR戦略で墓穴 それでも応援する“リア充リベラル”の人たち

▼記事によると…

・“孤立”する小泉氏を擁護するリア充リベラルたち

ところが興味深いことに、この期に及んで小泉氏の擁護に“必死”な人たちがいる。それは、政治的にはリベラル志向ではあるものの憲法9条を神棚に祭り上げる絶対護憲信者のオールド左翼とも、反原発や貧困問題などで山本太郎や共産党に共鳴する「プア充(実生活が充実していないという意味のネットスラング)」のリベラルとも一線を画している人たちだ。社会的には勝ち組とも言える「リア充(プア充とは反対に、リアル=実生活が充実しているという意味)」なエリートリベラルである。

・「セクシー発言」が炎上した直後の9月23日、小泉氏と親交のある社会学者の古市憲寿氏が、「セクシー発言」は引用であり、メディアの切り取りだとして、「全貌を知っているはずなのに一部を切り取って面白がるマスコミも、それを脊髄反射で批判するバカも、いつもの光景」(ツイッター)などと擁護した。

・また、小泉氏のブレーンのひとりに博報堂出身のクリエイターがいると先述したが、それが昨年の拙稿で紹介した高木新平氏。一連の小泉バッシングを受けて、フェイスブックに投稿し、「メディアはステーキやらセクシーやら報道して進次郎ネタでしょうもないView稼ぎ、“識者”らは答弁に具体性乏しいとドヤ顔批評」などと、小泉批判のメディアや専門家をくさした。

・そして、ドワンゴ社長の夏野剛氏だ。Abema TVの報道番組(9月23日)が小泉氏の「セクシー発言」を特集した際、「全く失言ではない。いいじゃないかと」とほとんど開き直り気味に擁護。「騒いでいるネット民は影響力もない」とネット企業の社長とは思えないほど、ネットユーザーを軽んじたかと思えば、「これでまた60歳以上の女性の有権者をわし掴みにしたと思うし、今後のキャリアの中で得点を稼いだ」とまで言い切った。

10/6(日) 5:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191006-00586270-shincho-pol&p=3

小泉進次郎 プロフィール


小泉進次郎は日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員かつ第27代環境大臣兼内閣府特命担当大臣。血液型AB型。 内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官・自民党青年局長・自民党農林部会長・自民党筆頭副幹事長自民党厚生労働部会長などを歴任。 父は第87代・第88代・第89代内閣総理大臣の小泉純一郎。
生年月日: 1981年4月14日 (年齢 38歳)
小泉進次郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

小泉はやっぱりヤバイな

実力があるのなら、ここぞという際にはっきりと今までのように歯切れのいいワンフレーズで心を掴むことができるはずですが、結婚、入閣とだんだん素の部分が綻びはじめ、これ以上期待できない。

小泉に限らず、今の政治家は自分の任期を乗り切ることしか考えておらず、問題は全て後の世代にツケ回し。
自分の子供が大人になった時、どんな苦しいことが待ってるのだろうと思うと本当に腹立たしい。

安倍さんが任命したわけですが…

安倍政権の支持率に貢献している事には違いないんだがな

指示してる連中見てもこいつが自民内の反自民勢力なのが良くわかる

安倍ちゃんに正体を暴かれた男

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認