表現の不自由展

櫻井さん
日本に対する貶めは往々にして『表現の自由』とされる。一方で韓国の学者が書いたソウル大学の論文を引用した週刊ポストは、韓国に対するヘイトだと叩かれて謝った。他国に対する言動はすぐにヘイト扱いされ、わが国に対するヘイトは表現の自由にされてしまう。このダブスタは非常に不愉快

雨雲さんのツイート

櫻井よしこ プロフィール


櫻井よしこは、日本の政治活動家、ジャーナリスト、インターネット番組のニュースキャスター。国家基本問題研究所理事長、言論テレビ株式会社会長、「21世紀の日本と憲法」有識者会議代表、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表。本名は櫻井良子。
生年月日: 1945年10月26日 (年齢 73歳)
櫻井よしこ - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

身のある回でした、櫻井さんは昭和陛下を貶める作に対しても言及しましたからね。

本当だよね👏

まったくだ。全面的に同感

これは仕事終わったら見てみたい

このダブスタは不快とかではなく、理解ができないですね。なにが違うのかわからない。

週刊誌などの紙面広告で下半身関係の広告主は外国人が多い。だから広告主の言い分が通る。言論の自由を封鎖するのは金の力。

橋下徹は大阪で外国人のみに対するヘイトスピーチの条例を公布したな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事