南米コロンビアのとある町での出来事。

介助犬を伴って乗車しようとした目の不自由な男性が、運転手から乗車拒否されてしまったそうです。

そもそもですが、コロンビアでも公共交通機関に介助犬を伴って乗車することは法律で認められているのですが、この運転手はその知識を持ち合わせていなかったようで

「そのまま犬をバスに乗せることは出来ない」

「もし乗せるなら、ケージにいれるか、荷物置き場に入れるか。それが出来ないなら、バス停に置いていけ!」

と言い放ちます。

無慈悲すぎる運転手の発言に黙っていなかったのは、介助犬をつれた男性ではなく、他のバスの乗客たちでした。

「介助犬はバスに同乗できるの!その法律があること知らないの!?」
「あなたは無知ね!!!!」

と、乗客に詰め寄られても、一向に意識を変えない運転手。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事