矢作兼、引越し業者のスタッフに激怒「だめでしょ」

▼記事によると…

・おぎやはぎの矢作兼(48)が、引っ越しを依頼した業者のスタッフにクレームを入れたというエピソードを語った。

・新築マンションに引っ越したことを報告。大手の引っ越し業者に依頼したが、その翌日にも同じマンションで引っ越し作業をしていた同社のスタッフの1人から「おぎやはぎの矢作」と名指しされ、「こんなところに居るんだ」などと声を掛けられたという。

矢作はそのスタッフに「引っ越し屋さんでしょ?制服着てるでしょ?あなたね、渋谷で私服で俺に会ってそれを言うのはいいよ、べつに。だけど引っ越し業者さんとして来てて、俺も昨日、あなたのところに頼んでるのに。大手ですよ、信用している会社です。そういう看板背負ってる人が、絶対に面と向かって『おぎやはぎ矢作だ』って言っちゃだめでしょ」と注意したという。

するとそのスタッフは「はははは!」と笑ったといい、当時、虫の居所が悪かったという矢作は激怒。そのスタッフの上司とみられる社員に苦情を入れ、謝罪を受けたことを明かした。

10/4(金) 14:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-10040368-nksports-ent

おぎやはぎ プロフィール


おぎやはぎは、小木博明と矢作兼によるお笑いコンビ。所属事務所はプロダクション人力舎。1995年結成。略称おぎや。
おぎやはぎ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

言ってる事は正しい。お客さんの所に仕事として来てるんだから、それなりの対応をして貰わないと。絶対知り合いに言いふらしてそうだし、その辺の信頼性とかの大事さを分かってるのかな。

引越しや配送業者は芸能人の家に行く機会があるんだからその辺気を付けた方がいい

社員教育は大事だと思うけど、これは社員教育と言うより、人としての教育が必要ね。客が注意しているのにそれをちゃんと聞かずに笑うとか有り得ない。

有名人だからって態度が過ぎていたんじゃねーの?相手がバイトでもチップや差し入れするとあんたの仕事にも更なる運気がくるってものよ。

やっていい事と悪いこと、onとoffの切り替えがない。これは社会人としてダメだよ。バイトも社員も制服着ればその会社の看板なんだ。

働く〇〇さんかな。自分も10数年前に勤務してましたが…。その節はお世話になりました。個人で物損事故のお金を引かれることもなく車両事故した際の弁償をすることも無い会社へ再就職できました。今となっては辞めて正解でした。

会社名公表していいと思う。まともに教育受けてない奴に引越し頼みたくないよね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認