韓国ショートトラック選手 札幌アジア大会組織委から「仕打ち」

19日開幕の第8回冬季アジア札幌大会に出場する韓国のスピードスケート・ショートトラックの選手が主催者の不公平な練習時間の設定のため厳しい調整を強いられている。

韓国選手は17日、大会会場の真駒内セキスイハイムアイスアリーナを訪問したが、大会組織委員会側からリンクでの練習時間を与えられず、午後2時から5時まで狭い廊下などで調整した。

沈錫希(シム・ソクヒ)ら女子選手は主にストレッチや姿勢のチェック、ランニングなどを行った。李政洙(イ・ジョンス)やソ・イラら男子選手は筋力トレーニングとランニングを行った。

韓国選手が廊下で調整する間、日本代表の選手たちはリンクで練習を行った。日本だけがリンク内で練習できたのは、大会組織委員会が公式練習の日程を短く設定したためだ。

参加国は18日から19日まで、1日約30分から40分だけリンクを使うことができる。韓国代表チームは18日午前11時から11時40分、競技前日の19日午前9時20分から9時50分までの30分だけリンクを使用することができる。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事