東京・渋谷の路上で通行人に暴行容疑、韓国大使館員を書類送検 警視庁

▼記事によると…

・東京・渋谷の路上で9月、韓国大使館(港区)の40代の男性事務職員が通行人の男性を殴ったとして、警視庁渋谷署に暴行容疑で現行犯逮捕されていた

・逮捕後に大使館員であることが判明したため、同署は外交関係に関するウィーン条約に基づき男性職員を釈放。その後、任意捜査に切り替え、同容疑で男性職員を書類送検。

・男性職員は9月中旬、渋谷区宇田川町の路上で、通行人の20代男性の顔を素手で殴った疑いが持たれている。事件当時、男性職員は酒に酔っていた。

・男性職員は釈放後、任意捜査での出頭要請に応じたものの、大使館員の不逮捕特権を理由にその場を立ち去っていたという。

2019年10月3日 6時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/17174207/

外交関係に関するウィーン条約


外交関係に関するウィーン条約は、外交関係に関する基本的な多国間条約であり、外交関係の開設、外交使節団の特権等について規定する。内容の大部分は国際慣習法として確立した規則を明文化したものである。
開始日:1961年4月18日
外交関係に関するウィーン条約 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

いらないだろ。大使館なんて

なぜそうなったかをキチンと書かないと😓

あ、酒に酔いながらも確信犯ですね。

やっぱり報道されないんだなぁ

ウィーン条約って職員にも適用されるのね…

ペルソナノングラータを発動すべし!!

さすがに大使館の人間がそれやったら国交断絶レベルじゃないか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事