京都の団体BPO申し立て 安楽死扱ったNHK番組

▼記事によると…

・「安楽死」を扱った6月放送のNHKのドキュメンタリー番組が自殺を肯定する内容で、障害者や難病患者の尊厳や命が脅かされたとして、障害者らでつくる日本自立生活センター(京都市)が放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議申立書を送付。

・番組はNHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」。重い神経難病を患った女性が、スイスに行き安楽死に至る姿を追った内容だった。

2019年10月1日 23時32分
https://news.livedoor.com/article/detail/17168222/

安楽死


安楽死とは、人または動物に苦痛を与えずに死に至らせることである。一般的に終末期患者に対する医療上の処遇を意味して表現される。安楽死推進団体に所属し、スイスで安楽死したオーストラリアの環境学・植物学者 デイビット・グッドールは「ふさわしい時に死を選ぶ自由」と定義している。
安楽死 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

何でもかんでも否定するこの社会…

知る権利すら奪われていくのか...

どうして生きる権利はあるのに死を選ぶ権利がないんでしょうね

自分の最期くらい、自分で決めさせてほしい。

これからの日本の未来考えたら尊厳死や安楽死は選択のひとつとして自分で選べるようにして欲しい。

こういう考え方もあるって知っとくのはいい事だと思うんだけどな

ドキュメンタリーに肯定も否定もない。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認