「戦犯企業」条例、ソウル市公布せず…韓国政府がストップ

▼記事によると…

・ソウル市の朴元淳(パクウォンスン)市長は26日、市議会が可決した日本企業への「戦犯企業」条例を公布せず、議会に再議を要請。条例が世界貿易機関(WTO)協定に違反しかねないとして、政府が公布にストップをかけたためだ。

条例は、第2次世界大戦中に朝鮮半島から労働者を動員した日本企業を「戦犯企業」とし、市が製品の購入を控えるよう定めている。

・韓国政府は11日に日本の輸出管理厳格化についてWTOに提訴している。今回のソウル市への要請は、条例が、特定の国の製品排除を原則禁じたWTO協定に違反しているとみなされると、日本との2国間協議などに悪影響を及ぼすと判断したためとみられる。

同様の条例は韓国各地の地方議会で可決されているが、ソウル市を含む主要自治体議会の議長らは17日、条例案の審議を一時中断する方針で一致。釜山市でも25日、条例が公布されずに再議にかけられている。

9/26(木) 20:39
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00050257-yom-int

朴元淳 プロフィール


朴元淳は、大韓民国の弁護士、社会運動家。ソウル特別市長。 1956年3月26日に慶尚南道昌寧郡丈麻面で二男五女の次男として生まれた。丈加小学校、霊山中学校を卒業後、ソウルの京畿高等学校に入学して、1974年に卒業した。
生年月日: 1956年3月26日 (年齢 63歳)
朴元淳 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

手遅れです。

日本との貿易戦争に怖じ気ついたのでしょう。

WTOの「政府調達に関する協定」ってやつに違反するからね。そんなもん最初から分かってただろ

是非とも公布して欲しいんだけどな。

条例で決まった事を、市長の一存で無かった事に出来るのか…

可決してから気づくとか馬○丸出し

ソウルは観光客が多いので反日不買に反対する市民が多いよ。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認