安倍氏、ニューヨークでまた「韓国は約束から守れ」

▼記事によると…

・安倍晋三首相は25日(現地時間)、米ニューヨークでの記者会見で、韓日関係の悪化に関連して「韓国にはまずは国と国との約束を守るよう求めていきたい」と述べた。

・安倍首相は両国関係の悪化、特に輸出規制の強化が両国と周辺国の経済に及ぼす影響について尋ねる外国記者の質問に対して、「輸出管理と徴用工問題は全く別」と前置き。

・あわせて「安全保障上、問題ないことが確認されれば輸出を承認してきている」とし「(韓国などの)周辺国をはじめ、他国との貿易に影響を及ぼすことはない」「周辺国や他国の方々もそのように理解してほしい」と述べた。

安倍首相は徴用問題に対しては「戦後処理の根本を定めた日韓請求権協定を放置するなど国と国との信頼関係を損なう行為がある」と主張。

2019年09月26日10時23分
https://japanese.joins.com/article/984/257984.html?servcode=A00&sectcode=A10

安倍晋三 プロフィール


安倍晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。自由民主党幹事長、内閣官房長官を歴任した。
生年月日: 1954年9月21日 (年齢 65歳)
安倍晋三 - Wikipedia

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

先ずは約束を守りましょう。

一国の首相が他国を名指しで約束を守れと言っている。貴国にとっては屈辱的な話だよね。

国を引き継いだ新政権が先の政権の国際的約束を守るのは当然、ってか国際常識。

国と国の約束が守れないなら相手にには出来ない。

日本政府として他に韓国に伝えるべき言葉はない。

既に言っている事が時代遅れの韓国はこれからも増々時代と逆行して行くのでしょう。

安倍首相の正論に、約束を守らない韓国の反論を聞きたいものだ。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事