中国、世界の覇権追求せず 米国は主権尊重を=外相

▼記事によると…

・王氏は米中貿易戦争は米企業のコスト増を招き、消費者物価を押し上げ、米国の潜在成長率を圧迫するなど、両国に不必要に損失をもたらしていると指摘。

中国の発展モデルの変更を強要したり米中経済のデカップリングを図るのは現実的ではないため、米国はそうした取り組みは行うべきではないと強調した。「交渉は、脅威の下や中国の発展への正当な権利が犠牲になるのでは実施できない」と語った。

また、中国が米国と世界の覇権を争っているとの見方を否定。「覇権の追求はわれわれのDNAに組み込まれてはいない」とし、中国はまだ発展途上国で、米国に大きく後れを取っていると語った。「現在も予見可能な将来にわたっても、米国は世界の最強国であり続ける」と述べた。

同時に、米中両国は相互内政不干渉の原則を堅持し、互いの領有権を尊重し、互いに自国の考え方を押し付けるべきではないと主張。香港の繁栄を維持するには暴力を拒否し、法の支配を尊重する必要があると述べた。

2019年9月25日 / 12:04
https://jp.reuters.com/article/china-wang-trump-idJPKBN1WA08J

王毅 プロフィール


王 毅は、中華人民共和国の外交官。国務委員、第11代中華人民共和国外交部長。六者会合議長、外交部副部長、中国共産党第17期、18期、19期中央委員、駐日中国大使等を歴任。立命館大学第35号名誉博士。 日本語、英語に堪能で、日本では日本人相手の会見や講演を、しばしば日本語で行う。
生年月日:1953年10月8日 (年齢 65歳)
王毅 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

はあ?

それなら安心した。中国ほど平和主義な国はない

バブルの日本にも同じような仕打ちしてるから、その言い訳でアメリカが緩めるわけないじゃん

月の裏側にまで電波飛ばせる超大国が何かほざいてるわ。いい加減発展途上国なんて優遇目当ての肩書とっとと捨て去れや図々しい。

嘘つきだから嫌われんだよ

中国がこの態度する時はキケン

軍拡しつづけて周辺国への侵略続けてる限りは流れはかわらんよ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認