韓国ムン大統領 国連総会で演説 日本への直接批判避ける

▼記事によると…

・韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、国連総会で演説を行い、韓国と北朝鮮の間の非武装地帯を国際的な平和地帯にすることを提案しました。一方で、日本については、「東アジアは過去を反省し、自由で公正な貿易の価値を守るとき、さらに発展できる」と述べ、直接の批判を避けた。

・さらに、「韓国は、隣国をパートナーと考えてともに協力する」と強調。

・ムン大統領は、日本を直接批判することは避けましたが、韓国メディアは、「両国の対立が続くなか、日本に対するメッセージだという分析がでている」と伝えている。

2019年9月25日 5時43分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190925/k10012097751000.html

文在寅 プロフィール


文在寅は、韓国の政治家、弁護士、市民活動家。第19代大統領。 北朝鮮からの避難民の息子として生まれる。弁護士として市民運動や人権運動に参加したのち、盧武鉉政権で大統領側近として活躍した。その後、国会議員に当選、新政治民主連合代表や共に民主党代表を務めた。
生年月日: 1953年1月24日 (年齢 66歳)
文在寅 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

また被害者ポジションアピールか(-ω- ?)

直接批判してないか?反省していないと言ってますけど😅

そりゃ日本は批判されるようなこと何もしていないんだから当たり前でしょ?批判されるべきは韓国。

帰国したらたまねぎ問題が…

日本も言われっぱなしじゃ困る。たまには相手の土俵に降りても韓国の異常性を強く言ってほしい。

未来志向じゃなかったのか。もう100年前の戦争の反省はいいだろ。

未来志向の演説がなぜか出来ないというナゾ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認