温暖化に16歳少女「絶滅の始まりに」国連で涙の訴え

▼記事によると…

・ニューヨークの国連本部で「気候行動サミット」が開かれ、スウェーデンの高校生、グレタ・トゥーンベリさん(16)が各国の首脳らに対して地球温暖化対策の具体的な行動を涙ながらに訴えました。

・小泉環境大臣:「今のままではいけないと思います。だからこそ、日本は今のままではいけないと思っている」

・小泉大臣は今後、日本の温暖化対策の取り組みをしっかり発信していきたいという考えを示しました。

2019/09/24 11:52
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000165112.html

小泉進次郎 プロフィール


小泉 進次郎は日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員かつ第27代環境大臣兼内閣府特命担当大臣。血液型AB型。 内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官・自民党青年局長・自民党農林部会長・自民党筆頭副幹事長自民党厚生労働部会長などを歴任。 父は第87代・第88代・第89代内閣総理大臣の小泉純一郎。
生年月日:1981年4月14日 (年齢 38歳)
小泉進次郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

感情任せじゃない分16歳よりマシだが、内容に薄さは変わらない。

逆に小泉さんに言いたい。今のままでは食ってはいけない。今迄のハッキリ言わずお茶を濁す発言では大臣になった今では厳しい。

明日から変わろう、と言ってる中学生みたい。 何を変えるべきかぐらい言えよ。 本当はどうするまで聞きたいけど、せめて、ね。

中身がないのがこんなに早くバレるとは…

国連会合の時はむしろまだマシな方だったのか

本間ヤバい🙄

政治家に期待する要素を全く持ってないな(笑)何があるべき姿だから、どうする、と言うのを君に期待してるんだよ。君に届け!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事