日韓関係が冷え込もうとも… 胸に刺さるキム・ジヨン

▼記事によると…

・韓流が日本に定着して約15年。映画・ドラマ、K―POPと続いたその波がいま文学に来ている。日本で14万部となる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』をはじめ、多様な韓国文学が続々と邦訳され、人気だ。その多くが30~40代女性作家たちの作品だ。日韓関係が冷え込んでいるときだからこそ、本を静かに読むというのも悪くない。

韓国の女性が日常で経験する差別を淡々と描き、昨年12月に発刊された日本語版もベストセラーになった小説『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)。著者のチョ・ナムジュさん(41)が8月31日に来日、翻訳者の斎藤真理子さんと京都の同志社大学でトークイベントを行った。

2019年9月24日07時41分(有料記事)
https://www.asahi.com/articles/ASM9F3CY3M9FUCFI002.html

朝日新聞


朝日新聞は、日本の日刊の全国紙。朝日新聞社が編集・発行する新聞で、同社のメイン新聞である。販売部数は、全国紙では読売新聞に次ぐ業界2位。支局の世界展開や海外通信社との契約締結によって全世界に取材網を張り、国内で最も権威のある新聞として知られている。
発刊年: 1879年1月25日
朝日新聞 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

無理に関係改善することはない。

冷え込んでいるなら触らん方がいいじゃろ。

訳がわからん。なんで無理矢理にでも距離感を近づけようとするのか

この姿勢が日韓関係をおかしくしてる

日韓関係の悪化はやはり私の予想通り日本が困る結果に終わった。諦めて日韓友好

朝日新聞は日韓関係壊したことに責任感じてないの?

本を読むことさえ政治的な理由が必要なんか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認