1カ月になろうとしているのに少しも動かない日米…GSOMIA「心肺蘇生」は可能か

▼記事によると…

・先月22日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了決定以降、1カ月近く時間が流れたが、日本が少しも動かないため「GSOMIAカード」の実効性に対する疑問が韓国政府内にも広がっている。弱り目に祟り目で、予想より強い米国の否定的反応に逆風の懸念まで出ている。

・韓国政府は「日本の経済報復撤回→GSOMIA終了決定再検討」の論理を立てた以上、経済報復撤回を要求することによってGSOMIA回復の可能性に余地を置いているということにもなる。康京和(カン・ギョンファ)外交部長官もこの日の国会外交統一委員会に出席して「日本が輸出規制措置を撤回することによって信頼友好が再び回復すれば再検討も可能という立場」と話した。

・必要なことは名分だが、日本が不動の姿勢だ。「9.11改閣」で側近体制を構築した安倍晋三首相は11日、韓国に対する外交基調に対する質問を受けて「みじんも変わらない」と答えた。韓国が動く空間を最初から遮断。日本政府の事情に明るい国内の消息筋も「日本は『GSOMIAはすでに終わった問題』という考えが優勢。韓国が翻意しようがしまいが気にしないという雰囲気まである」と指摘。

2019年09月17日15時56分
https://japanese.joins.com/article/696/257696.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp

GSOMIA


軍事情報に関する包括的保全協定とは、同盟など親しい関係にある2国あるいは複数国間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定。2019年8月現在、日本はアメリカ合衆国やNATOなど7カ国と、アメリカ合衆国は60カ国以上と、韓国は21カ国とこの協定を締結している。
軍事情報包括保護協定 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

破棄は決まったので再締結するかどうかだろ

これがカードになると本気で思っていたことに唖然とする

よっぽど強力なカードと思ったかアメリカが日本をなだめに入ると思ったんだろ。さすが外交の天才

そもそも輸出規制じゃねえしな・・・

そのカード切るなよって言ってるのに何を勘違いしたのかカード切っちゃったし。ダチョウ倶楽部じゃあるまいし

困った日本が泣きついてきて全てが韓国側の思惑通りにって本気で思ってたんだろうな 

最悪のタイミングで最悪な決定を選ぶ、いつもの韓国

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事