朝日新聞「日韓関係が悪化する中、韓国文学は日本でかつてない盛り上がりを見せている」

韓国文学、いま日本で熱い 「モンスーン」のピョン・ヘヨンさん、邦訳3冊目

▼記事によると…

・チョ・ナムジュの小説『82年生まれ、キム・ジヨン』が日本でも13万部を超えるヒットとなり、河出書房新社の文芸誌「文芸」が韓国文学の特集で創刊以来となる3刷を重ねた。日韓関係が悪化するなか、韓国文学は日本でかつてない盛り上がりを見せている。

2019年9月11日16時30分(有料記事)
https://www.asahi.com/articles/DA3S14174048.html

82年生まれ、キム・ジヨン


ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかのようなキム・ジヨン。誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児...彼女の人生を克明に振り返る中で、女性の人生に立ちはだかるものが浮かびあがる。女性が人生で出会う困難、差別を描き、絶大な共感から社会現象を巻き起こした話題作!韓国で100万部突破!異例の大ベストセラー小説、ついに邦訳刊行。
初版発行: 2016年10月14日
著者: チョ・ナムジュ
ページ数: 192
ジャンル: 長編小説
82年生まれ、キム・ジヨン - Google Books

twitterの反応

▼ネット上のコメント

百田さんの韓国に謝る本じゃなくて?

割とガチで、初めて聞いた韓国文学

いくつかの書店によく行くが、韓国文学フェアとか見たことがない。

朝日の社内で盛り上がってるだけでしょう。

13万部について理解すべきかと、ヒットであることは間違いない、間違いないが…やからな

私の中では竹田先生の著書が盛り上がってますがね。

だったらいいな、と思った夏の終わり

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認