男女がほぼ同数なのに男性の未婚率だけが高い“残酷な現実”

▼記事によると…

・日本社会が直面する「少子高齢化」の大きな要因に「未婚率」の高さが挙げられる。

・え2015年には35.0%と30代の男性の3人に1人が独身。

・30代女性の未婚率も上昇したが、2015年に23.9%と4人に1人にとどまっている。50歳時未婚率(50歳時点でいちども結婚したことのない人の割合)も、男性23.4%に対して女性14.1%(2015年)とかなりの差が開いている。

・「男女の数がほぼ同数だとするならば、男女で未婚率が大きく異なる理由はひとつしかありません。一部の男が複数の女性と結婚する『事実上の一夫多妻』となっているのです」(橘玲氏)

・だがその一方で離婚率は上昇し、生涯で2回、3回と結婚することも珍しくなくなった。

「一部の男性が未婚の(若い)女性と再婚し、離婚した女性は再婚せずに母子家庭のまま暮らすと考えれば、男女の未婚率の違いが説明できます。一夫多妻は同時に複数の女性を妻にすることですが、欧米や日本のような先進国で共通して増えているのは、結婚と離婚を繰り返す『時間差の一夫多妻』です。

・男も女も誰もが自らの意思で結婚・離婚する自由恋愛の社会では、マジョリティであるはずの男性は、必然的に〈モテ=持てる者(上級国民)〉と〈非モテ=持たざる者(下級国民)〉に分裂。

・男女の未婚率の差から読み取れるのは、現代社会が「上級」と「下級」に分断されているという“残酷な現実”にほかならない。

2019.09.10 16:00
https://www.news-postseven.com/archives/20190910_1444860.html

「結婚ってメリットあるの?」議論に終止符!


結婚に関するネガティブなニュースを見る度に「結婚はメリットがあるのか」と議論が沸き起こります。会社でも上司が「うちの嫁が…」とグチをこぼしているのを見ると「結婚はメリット無いなぁ」と独身者は考えてしまいますよね。たとえば男性は、以前より便利になったライフスタイルにより昔ながら「家庭を守る主婦」がいなくても生活に困らなくなりました。女性もまた、やりたい仕事につけていれば、時間が制限される結婚・出産という選択肢を選ぶより独身でいるほうが気楽で好きなことができる人生を過ごすことがあります。50歳まで一度も結婚したことがない生涯未婚率が男性23.6%、女性14.1%と上昇している現代、果たして結婚ってメリットがあるのでしょうか。
「結婚ってメリットあるの?」議論に終止符! - 婚活マニュアルZ

twitterの反応

▼ネット上のコメント

価値観で済ませていい問題なのかw

男性の未婚率が高いということはそれだけ女性も高いということになるんだけど

しかし、実は「持たざる・下級の男」は、現代社会において”何も困っていない”ということこそ「(女にとっての)残酷な現実」なのだ。

独身を選ぶ人が増えてきてるってだけでしょう

リアルでは結婚しないんじゃなくて相手がいなく結婚できないと言った方がいいよ

結婚するメリットが男にはないしな

そもそも結婚したいと思ったことが無いって人は多そう

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認