29日から100人規模で訪韓 下地氏、日韓修復を主張

▼記事によると…

・日本維新の会県総支部代表の下地幹郎衆院議員は3日から3日間、韓国を訪問し、現地の国会議員や経済界関係者などと懇談した。6日のメールマガジンで「日韓関係を正常な姿に戻し、経済・文化において、これまで以上の強い絆をつくることが大事であるということを伝えてきた」と報告。

29日から3日間、韓国・沖縄友好ツアーを企画して、100人規模で訪韓する計画も明らかにした。

この中では「朝鮮半島の平和が確立されなければ沖縄の過重な米軍基地負担は軽減されることはない」と強調。訪韓を発表した直後、「今の時期の訪韓は政治的リスクが大きい」と批判されたというが「リスクが大きければ大きいほど、戦略を持って行動するのが政治家」と反論した。

2019/9/8
http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/8796

下地幹郎 プロフィール


下地 幹郎は、日本の政治家。日本維新の会所属の衆議院議員。日本維新の会国会議員団副代表・選対本部長・非常任役員、政党そうぞう代表。
生年月日:1961年8月14日 (年齢 58歳)
下地幹郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

野党の維新の下地に付いて行く100人って誰w?

維新逝ったあああああああああ

これ党としての決定?だとしてもそうでなくても最低

これが維新の正体か、媚韓でがっかりだ

これで維新のイメージあきらかに悪くなるけど、よく党本部は許したなぁ

なぜ、維新はいつまでもこの方を野放しにしているのでしょう?理解に苦しみます。

正体さらし過ぎw

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認