立川談四楼さんのツイート

別府温泉への韓国人観光客が激減したという。

さらに酷いのが対馬で、片道2時間、数千円の釜山との連絡船が8月半ばから運休、年間10万人が訪れてたというのに、限りなくゼロに近づいているというのだ。

ホテルやバス会社に同情を禁じえないが「観光立国」を謳った安倍さん、出口戦略はあるんでしょうね。

立川談四楼 プロフィール


立川談四楼は、群馬県邑楽郡邑楽町生まれの落語家、作家。本名、高田正一。出囃子は『喜撰』。
生年月日: 1951年6月30日 (年齢 68歳)
立川談四楼 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

中国、台湾、東南アジアからの観光客誘致を

観光客はふえてますよー!

落とし所を考えないで喧嘩ふっかけるのは戦前と一緒。あの頃より情報を知ることが出来るのに同じ様なことをやるのはむしろ戦前よりタチが悪い。

何も考えてないと思いますよ。劣等感からくるプライドだけ。

「韓国一辺倒が悪い」という寝言が飛び交ってますが、国際線が乗り入れられない対馬で目と鼻の先の釜山は唯一の国際航路で九州以上の定期航路。それが途絶えれば経済ダメージは大きい。

別府や湯布院での彼等の振る舞いは「観光客」とはいえ受け入れ難いものがあったことはお伝えしときます。

別府行きましょう❗️

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認