もへもへさんのツイート

セミの成虫は一週間で死ぬって俗説が最近否定された。

最近まで判明しなかったのは学者さん曰く

真面目に予算投入して研究すれば早期にわかることなんだがセミが一週間じゃなくて一か月生きることがわかったからってゼニにならんから誰も本気で論文かかなかった

っていってた。

↓↓↓

セミ


セミは、カメムシ目・頸吻亜目・セミ上科に分類される昆虫の総称。「鳴く昆虫」の一つとして知られる。
セミ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

私が小学生だった頃、まだ春先なのに木の皮の間に生きているニイニイゼミ(牝)を見つけたことがあります。カブトムシやクワガタムシと同様に越冬する個体もいるのかもしれませんね?( ´∀`)

現代社会は「カネにならない学問」の積み重ねの上に成り立っているんですけどね・・・

犬は赤色見えるって話もありましたね。教授の娘が小学校夏休みの宿題で証明しちゃったよね。それでみんな疑って読むんだよね???🤔あれ?

研究室通ってた身からするとマジでこれなんです…当然と言えば当然ですが、生活が楽になったり、世のため人のためになるジャンルはどんどん投資してくれますが、マニアックなジャンルは中々相手にしてもらえないんですよねぇ…

益も害も無い虫には予算がつかないけど、益か害のある虫には予算がつくのだなあ。

こーゆー面白いけど銭にならない研究って学者さんは沢山、抱えてるんでないかな?だとしたらユーチューバーとかテレビ局と組んで、実験してみるとかしてみたらトンデモない金になったりしないかな?

そういう悲しい話を聞くと「学問ってなんだろうな」って思っちゃいますねぇ……

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事